トップ > いつものところ倶楽部 > 渓流釣りイベントと活動報告 > 【興味深い話】し~ずん1:ヤマメに遊ばれた釣り堀
【興味深い話】し~ずん1:ヤマメに遊ばれた釣り堀のサムネイル

【興味深い話】し~ずん1:ヤマメに遊ばれた釣り堀

渓流釣りイベントと活動報告

コメント0件

【興味深い話】し~ずん1:ヤマメに遊ばれた釣り堀の写真


ヤマメに遊ばれた釣り堀 (徳2号)
新潟県の越後湯沢へ家族旅行に出掛け2泊した帰りに、大源太川支流岩ン沢の釣り堀の看板を見つけて、寄ってみた。この2日間期待外れの結果だったため、もう少し私も子供も魚と遊びたかった。
 釣り堀のお兄さんにフライで釣っても良いと言う承諾を得て、さっそく始めた。釣り堀は、ヤマメだけの釣り堀とイワナだけの釣り堀に分かれている。どちらも20㎝~25㎝級が泳いでいる。水は隣の岩ン沢から引いているので、清冽だ。ヒレを痛めないようにコンクリートではなく土を固めて作られた堀で魚たちも居心地が良さそうだ。
イワナはドライでもウェットでも容易に釣れた。堀にそっと近づいても、水面に浮いているイワナたちに変化は無い。一人5尾までと決まっているため、すぐに釣り終わってしまいそうなので、もう少し神経質なヤマメと遊ぶことにした。しかし、この選択が思わぬ時間を潰す結果となった。普段はイワナ以上に水面で遊んでいるヤマメたちだが、そっと堀に足を踏み入れただけで、全部示し合わせたように水面下に潜ってしまう。ドライフライを落としても一尾も出てこようとしない。たまに、来た!と合わせると100分の1の割合いで紛れ込んでいたイワナである。これ程までとは思わなかった、イワナとヤマメの違いに驚かされたのと同時に、絶対に釣ってやる!と闘志を燃やした。

結局、#14フック、イエローラビットファーのボディ、ゴールドティンセルリブ、パートリッジハックルのソフトハックルフライで3尾のヤマメを釣った。最後にコツを掴んだと確信するまでに1時間かかった。殆ど止水に近い状態のため、渓流で釣るヤマメよりも難しかった。フライを沈めてナチュラルに流してもダメ、口元で上下に小刻みに動かしてもダメ、ヒラを打ったり電光石火の当たりで合わせられなかったりで、暑い真夏の日中に心身共に湯だっていた。開き直ってヤマメの群の中にフライをそっと沈め、しばらくしてヤマメに気づかれないようにそーっと忍び忍び、すーっとフライを引くと、逃がすか!と言わんばかりにガバッ!と来た。この方法で3尾釣った。私はニヤニヤと笑いながら、「このひにくれ者!」と叫んでいた。

岩ン沢の釣り堀で息子もヤマメに夢中。                   

岩ン沢の釣り堀の御主人と息子さんに色んな話を聞いた。釣り堀にとって一番の敵は鷺と言う鳥だそうで、一度の来襲で一羽が200尾の魚を食べてしまうそうだ。この釣り堀のヤマメは隣の福島県産で、新潟県産のヤマメは海が近いので銀毛になってしまい、釣り堀では増やせないそうだ。夏にアブの大群が飛んで来て、水面に沢山落ちても、ヤマメは全く食べず、イワナは口にはするがすぐに吐き出してしまう。ニジマスだけが喜んで食べている。今日のようにヤマメが釣れる人は珍しく、餌釣りでもエサがハリから落ちて水底に着くと食べるそうだ。お二人ともヤマメとイワナを本当に大事に育てていると感じた。近くにお寄りの際はぜひヤマメと遊んで下さい。冷たいビールやつまみも有りますよ。


[インフォメ-ション]
・交通/関越自動車道・越後湯沢インタ-から中里、土樽方面に向かい、途中で大源太キャニオンの標識に沿って左折。すぐに岩原スキ-場方面と分かれて、大源太川を上り岩ン沢出会いへ。

周辺のおすすめ宿
・ギンレイホテル 新潟県南魚沼郡湯沢町土樽(岩原高原)731
眺望絶佳な岩原高原の大自然の中で環境抜群!!温泉大浴場有り。
トク!トラベルで1泊2食 4.640円

・岩原高原ハウス 新潟県南魚沼郡湯沢町土樽(岩原)731-1
ゲレンデの目前!!絶好のロケーション。温泉(硫黄泉)有り。
トク!トラベルで1泊2食 4.888円

・大源太山荘(TEL:0257-87-3095)釣り場を聞くならここが一番。
   
・越後湯沢のコンドミニアム「ICHIKOSHI」綺麗な部屋と良い温泉設備があり、食事は自炊か外食なので、時間を気にせずに釣りに没頭出来る。宿泊費も3.000円と安い。
TEL:(0257-85-6789土日祝)(03-3270-1615平日)

周辺のおすすめ日帰り温泉
下湯沢共同浴場 駒子の湯 500円(新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢148)TEL 025-785-7660

 釣りの問い合わせ先/魚野川漁協(TEL:0257-92-0261)
 ・2万分の1地形図 越後湯沢、茂倉岳




↓↓ランキング参加中です。励みになるので、ポチッっとお願いいたします

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ 肉・焼肉へ

北区十条の焼肉店「焼肉いつものところ」について

韓流グルメ日本一決定戦2012に出場! 日テレ「ヒルナンデス」や「ABChanZoo」「火曜サプライズ」にも出演した、焼肉とお酒が楽しめる呑み処。



十条で10年目。佐賀県伊万里牛を扱う、焼肉と韓国家庭料理のお店。 2012年度の韓流グルメ日本一決定戦に出場し、2013年には雑誌やTVに度々登場。 平日限定「焼肉食べ放題(2400円)」やA5ランク和牛の「シャトーブリアン」、「石焼カレービビンバ」、十条でしか食べられない「まきまき」も人気。 東京でも数少ない和牛に適した「焼肉ロースター(焼機)」は水蒸気と遠赤外線の力で肉をより美味しく仕上げてくれます!

店長のトクさんについて

フライフィッシングとアウトドア、ボクシングが趣味な十条にある焼肉店の店長。



某高校ボクシング部の監督として活動後、親が経営していた「焼肉 金剛山」を継ぐ。2002年に十条に「焼肉ピュアティ」を開店。2011年に移転し十条で「焼肉いつものところ」の店長として現在活動中。また、自身が立ち上げたチームトクボクシング教室でコーチとして指導を行っており、月に数回練習会も実施している。

皆様の応援メッセージ(0)

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

この記事を見た人におすすめの記事