トップ > いつものところ倶楽部 > ボクシングサークル活動 > ★コンビネーション1のバリエーション
★コンビネーション1のバリエーションのサムネイル

★コンビネーション1のバリエーション

ボクシングサークル活動

コメント0件

★コンビネーション1のバリエーションの写真
★コンビネーション1のバリエーション

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日

コンビネーション1とは
ワンツー左フック右ストレート左アッパー右ストレート
今は亡きヨネクラジムの名トレーナー松本先生から教わったコンビネーションブロー

通常コンビネーションブローとは、相手が万全の状態で構えている時に行うのは危険で無理が有る。

強い左のストレート、ジャブをビシビシ決めて相手の顔が跳ね上がった瞬間を逃さずコンビネーションブローを打つのが理想である。言いかえれば「左はチャンスをつかむ為に打つ」のである。
後は相手が試合中に疲れたりパンチが効いたりしてひるんだ時、バランスを崩した瞬間、相手のサイドに回れた時に打つ。
以上のチャンスの時に打つのである。

コンビネーション1を3回転(全18発)打つ。
正確なリズムとステップで両足にしっかりとバランス配分が出来てないと打てない。こう言う連打はスピードと手数のアマチュアボクシングの神髄であり、アマチュア経験のないプロの選手には中々打てない。3回転(全18発)打てばスタンディングダウンの取れる連打となる。
リーチの有る選手ならば、相手をロープに追い詰めたら自分の距離を生かしてそれ以上ステップインせずにその場でリズミカルなステップで打ち続ければ良い。

バリエーション(強い左ストレート、ジャブ、 弱い左ストレート、ジャブを使い分けながら行う)
全て相手のパンチをかわして打つ。

●右ストレート合わせ左フック右ストレート左アッパー右ストレート
(ワンツーの代わりに右ストレート合わせ)
右ストレート合わせとは左アゴの先端を左の胸につけながら右ストレートを打つ動作。相手のストレートに対して相打ちのタイミングで打つ。相手のストレートは自分の右肩の上を通る。パンチに向かって行く勇気が必要。
強い左ジャブで強引にくずして自分から打っても良い。

●右ストレートボディ合わせ左フック右ストレート左アッパー右ストレート
(ワンツーの代わりに右ストレートボディ合わせ)
強い左ジャブで強引にくずして自分から打っても良い。
右ストレートボディ合わせも上記同様だが、ボディを打つ分両膝を若干低く打つ。
右ストレートボディはみぞおち直撃かその上の両胸の中心の骨しかないところを狙う。

●左スリップ左フック右ストレート左アッパー右ストレート
(ワンツーの代わりに左スリップ)

●プレッシャーから左スリップ左フック右ストレート左アッパー右ストレート
※プレッシャーとは両手の構えをななめ上10㎝に拳を握って力強く押し出すと同時に前足を音が出るように踏み込む。
プレッシャー動作はカウンターを狙っている相手に行う事によって、カウンターを打たせてそれをかわして打つことになる。
プレッシャー動作はフェイントをかけて上体を移動してコンビネーションブローを打つ機敏な動きと言える。
プレッシャー動作は多用する事によって相手のノーモーションストレートの防御になる。
プレッシャー動作は相手をロープに詰めた時、どちらに回り込むかを瞬時に判断する役割を持つ。
プレッシャー動作はビビっている相手を更に精神的に追い込む役割を持つ。
プレッシャー動作は自分から仕掛ける時に使う。

●右ステップ右ストレート左フック右ストレート左アッパー右ストレート
(ワンツーのワンの代わりに右ステップ)
右ステップは右足だけを20㎝横に踏み出すことによって相手のパンチの軌道から外れてよける動作。
まずは右ステップ右ストレートの単発動作を何度も練習しよう。絶対に右スリップを同時に行わない事。邪魔な動きになる。右足はななめ後ろではなく真横に踏み出す事。
自分から攻める時は、右ステップを斜め前(相手の左足の真横)に大きく踏み出す事で相手の真横に位置移動して横から一方的に攻める事が出来る。

●プレッシャーから右ステップ右ストレート左フック右ストレート左アッパー右ストレート
※プレッシャーの説明は前記を確認

●左フックで回ってワンツー左フック右ストレート左アッパー右ストレート
左腕を通常の構えより外側に開き(相手の拳の外側)、相手が打って来た時左サイドステップと同時に左フックを打つ。サイドステップの際、左足の左側面に強い力を込めるとKOパンチになる。空振った場合相手の真横を向くことになり危険なので、すぐにもう1発左フックで回われるように準備しておく。
自分から行う場合はロングの左フックを引っかけるように回るとうまく行く。

●ステップイン+ブロックからワンツー左フック右ストレート左アッパー右ストレート
主に相手のワンツーをステップイン+ブロックで受けてコンビネーション1を打つ。


毎回1発~2発打とうとする選手と、毎回5発~6発打とうとする選手が試合をすればその手数の差は明らかで、コンビネーション1のバリエーションはチャンスを作る為に打つ左の強いジャブ、ストレートと共に磨いて行けば実力向上間違い無し。パンチが当たらず空振りしても乱れずに続けられるようにシャドーとミットで磨く必要が有る。


↓↓ランキング参加中です。励みになるので、ポチッっとお願いいたします

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ 肉・焼肉へ

北区十条の焼肉店「焼肉いつものところ」について

韓流グルメ日本一決定戦2012に出場! 日テレ「ヒルナンデス」や「ABChanZoo」「火曜サプライズ」にも出演した、焼肉とお酒が楽しめる呑み処。



十条で10年目。佐賀県伊万里牛を扱う、焼肉と韓国家庭料理のお店。 2012年度の韓流グルメ日本一決定戦に出場し、2013年には雑誌やTVに度々登場。 平日限定「焼肉食べ放題(2400円)」やA5ランク和牛の「シャトーブリアン」、「石焼カレービビンバ」、十条でしか食べられない「まきまき」も人気。 東京でも数少ない和牛に適した「焼肉ロースター(焼機)」は水蒸気と遠赤外線の力で肉をより美味しく仕上げてくれます!

店長のトクさんについて

フライフィッシングとアウトドア、ボクシングが趣味な十条にある焼肉店の店長。



某高校ボクシング部の監督として活動後、親が経営していた「焼肉 金剛山」を継ぐ。2002年に十条に「焼肉ピュアティ」を開店。2011年に移転し十条で「焼肉いつものところ」の店長として現在活動中。また、自身が立ち上げたチームトクボクシング教室でコーチとして指導を行っており、月に数回練習会も実施している。

皆様の応援メッセージ(0)

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

この記事を見た人におすすめの記事