トップ > いつものところ倶楽部 > 清里便り

いつものところ倶楽部の
清里便り

 

夜の訪問者

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。

「この間の夜、部屋に入ったところ、足元で何かが動く気配がしました。
子ネズミのような小さい生き物が走り去っていきました、動きが早くてなかなか確認できないと思っていたら、背中に一本黒い線が見えました。
なんだ、ヤマネかと安心しました、それから写真を撮ってやろうと、カメラを構えるがなかなか部屋中飛び回って写真を撮らしてくれません。
適当に写真を撮ったところでベランダーに放してやりました。」

※天然記念物のヤマネが家(モスバックの2階)に現れるなんて凄いですね!
ヤマネは八ヶ岳の山小屋とかでしか見れないと思っていました。指の上に乗るぐらい小さいんですよね。
動きが早いと聞いて驚きです。
kiyosato202


yamame,iwananohoukosagasi37248
美しい金峰山川の流れ

7/27(水)長野県金峰山川の釣りの帰りに清里モスバックで食事した際に、マスターからヘイケボタル観賞を勧められた。
私達4名はマスターの後に付き、モスバックの前の道路を渡り向いの池へと下りて行った。
懐中電灯を一斉に消して蛍が安心して光輝き飛び回るのをじっと待った。

真っ暗である。一人では心細くていられない静けさと闇。マスターは蛍撮影の為に一緒に来れる友人が店に来るのを待っていたようだ。
kiyosato199
次第に蛍が光りはじめた。
源氏蛍よりも珍しい平家蛍だ。

kiyosato201
最初は動かずピカピカと輝いている。まるで星を眺めているようだ。
そしてその蛍が飛び始めると、流れ星を見ているようだ。
幻想的な空間の中で本物の流れ星よりも願い事が叶えそうな気がする。
すぐ目の前を蛍が飛ぶと仲間達が歓声をあげた。

暫くすると何故か人生を確認している自分がいた。沈黙の中みんなは何を考えているのだろうか?
貴重な時間を過ごすことが出来た。


キビタキの1週間

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「先週、川俣へ出かけたとき、堰堤前の所で小鳥が飛び出してきました。
飛び出して来た方向に巣がありました、目の前をとび出したとき黒い色がはっきり見えました。
場所といい、今までの経験からキセキレイだと思いました、ところがキセキレイにしては擬傷行為をやりません。
不思議だなと思いました、また1週間してから巣を見ればわかると思いました。
その時堰堤では坊主でした。
 
そして、1週間後の木曜日、親鳥はいません、小鳥が最初に私の指を、親鳥が餌を持ってきたのと間違え、一斉に口を開けて餌を要求しました、
だが、親鳥でないとわかると、われ関せず、でまた眠ります。
キビタキが威嚇で鳴いています。
キセキレイでなくキビタキだったのです、擬傷行為の件、黒い羽筋がとうります。
それから、その堰堤では28.5cmのイワナを釣りました。」

kiyosato186
キビタキの雛



kiyosato187
キビタキの卵

kiyosato188
川俣にて

kiyosato189
大物.





※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「もう、そろそろ新緑からだんだんと緑が濃くなってきました。
森の中は春から初夏の花がいっぱいです。」

kiyosato182
イカリソウ

kiyosato183
クリンソウ

kiyosato184
チゴユリ.

kiyosato185
ツバメオモト

最後の寒波

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。

またもや寒波が来ました、2月の気候だそうです、桜の花も咲きそうでまだまだという感じです。
こちらも、ダンコウバイがまだ蕾ですし、フキノトウがやっと出てきました。
 
イワナも出が悪く釣れた魚は表面は真っ黒で居つきの赤が腹一面にあります。
間違ってもドライでは釣れません。

kiyosato166
 イワナ

kiyosato167
ダンコウバイ

kiyosato168
フキノトウ

kiyosato169
川俣にて

春望  2016年2月15日

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。

「土日休み埼玉へ行ってました、嵐が来ると脅されましたが、風も吹かず雨も夜少し降った程度でした。
帰って見ると家の周りの雪がたった二日の間にこんなにたくさんの雪が解けたのにびっくりしました。
 
イギリスの詩人シェリー書いた「西風に寄せる歌」の結びの有名な「冬来たりなば 春は遠からずや」この歌は冬の始まりに歌うのに、どうしても2月の今頃に思い出してしまいます。
やはり、あの暖かい春を思い出すからでしょう。」

kiyosato162
春よ来い

kiyosato163
赤岳

kiyosato164
日本一の富士山


kiyosato165
日本二番の北岳


イワナを求めて

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。

この1週間、裏の川へ通いました、簡単に写せるものが写せません。
イワナの写真です、最初に現れたのが鳥です、午前10時、晴れ、無風、気温は歩いて丁度よい状態。
これは絶好の状態と考えてみたら、前に日本では最大のアオサギが魚を捕っていました。
その上へ行くと今度はカワガラスが見事なジャンプで川虫をとらえていました。
漁期が終って川も静かになっていると思っていたら、人間以外にもイワナの敵はたくさんいるのです。

kiyosato158

kiyosato159

kiyosato160

kiyosato161
宮司の滝


北杜

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「いろんな木の実が熟して、もう晩秋のようです、紅葉はどうなるのでしょうか?
 
ボケの実は昭和48年清里の駅前から吐竜の滝に続く小道にたくさんの真っ赤なボケの花が咲いていました、今は見つけるのが大変な時代になりました。」

kiyosato155
 アケビ

kiyosato156
 ボケの実

kiyosato157
 山葡萄の実

気が付けばもう秋!

8月末から降り続ける雨は秋雨前線と言っていました、清里の最高気温が23度、これはキノコが出るにはもってこいの気象条件。
ただ、9月の3日では早すぎると思いました、天気予報も昼から雨になるそうなのでキノコを採りに行きました。
行って驚いたのはいっぱいキノコが採れました。
 
キノコが採れたのは良かったのですが草がぼうぼうで歩きにくかったです。何かアンバランスな感じがしました。
夜、ニュースを見ているとマツタケが一月も早く出てそれも豊作だそうです。
魚はどうなるのでしょうか?


kiyosato152
 トリカブト

kiyosato153
 ヌメリスギタケ

kiyosato154
 増水

ヤマユリ

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。

おはようございます、
先週一週間暑かったですね、山の花も一斉に咲いてそこだけ涼しい風がとうりすぎて行くようです。

8fdb7dd1.jpg
イワタバコ

940d32d5.jpg
ヤマユリ


月と蛍ーロ

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。

おはようございます、

いよいよホタルが飛び始めました、来月のお盆のころまで飛ぶでしょう。

暗闇にいっぱい飛び交っていると幻想的になってきます、カメラは機械の中をとうしてものを写します、それに比べ人間の眼はいかに精巧かと思います。

自分の眼で見てください、それがいかに素晴らしいか解ると思います。

6a383747.jpg


0a7dabb0.jpg

 

7121193c.jpg




エゾハルゼミ













※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。

「おはようございます、

今、エゾハルゼミが盛んに鳴いています、このセミは私が清里に来たころは鳴いていませんでした(昭和48年)。

このセミは9年周期で新しい世代に代わると聞いていますが、あの、小海線を止めたヤスデは8年周期だと言われていましたが、ここ10年ほどは見ておりません。

それと、カッコウの声を聴いてません、ホトトギスの声は嫌というほど聞いているのにカッコウの声はまだ聴いておりません。」

2debf95a.jpg

イワタバコ

644cb2e9.jpg

エゾハルゼミ

340e0ae3.jpg

 鹿牧場



ドライ

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「越冬あけのクジャクチョウを見つけました、羽はぼろぼろで2頭いました。
この蝶々の学名がゲイシャというので驚きましたがエルタテハはサムライと言うのもビックリです。

釣りはドライです、ビックリするほど釣れます。」


$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
クジャクチョウ

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
ドライで

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
景色は冬気温は夏


連休が終わって

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「一年で一番いそがしい、ゴールデンウィークが終っていつもの静けさがもどっています。
今年は寒かったのと、花が遅かったのをとりもどそうといっぺんに花を咲かせ、
夏鳥がいっせいにたかねを張っています。
これから、一ヶ月が一年のうちで一番いい季節です。」

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
ショウジュウバカマ

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
ショカツサイ

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
ワサビ.


釣り自慢

今年は誰でも釣れる、5月~6月が不調で、ほんらい釣りが終わってしまう7月の中旬。
それまでの不調がうそのように2時間の間に4匹の尺物をあげ、それから、一日立って台風が去って入った川でまたもや尺物を1匹釣り上げました。
2回の釣行で5匹の尺物、おそらくこんな釣りは2度と無いでしょう。

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
涼風をうけて

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
至福の時

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
尺物


白い雲

連日30度を超える暑さいかがお過ごしですか?清里も日陰に入れば涼しいのですが、
日の当る所はやはり暑いです、でも、川に入ると最高の冷房が効いています。
この間の木曜日は一日川に行きました、一日誰とも会いませんでした、あつたのは鹿だけです、
帰り道見上げた空には白い入道雲がでていました。

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
モンカゲロウ(スピナー)

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
真昼の釣り

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
白い雲


夏の釣り

先週の木曜日、Kさんと9時に待ち合わせて川に行きました。
そこは人があまり行かないので魚がたくさん入ると思っていました。
川原にでるのに30分ほど歩かなければなりません、最初は魚がでてもなかなかのりません。
これは、やっぱり駄目かなーと思っていると雷がごろごろと鳴り出しました。
すると、不思議なくらい魚が釣れ出したのです、最後は自分が立っている足下でさえ釣れる始末です。
それから、帰りは夕立の中ぬれて帰りました、帰る途中にはクリンソウが咲いていたりキマダラヒカゲが飛び回っていました、もう、いつの間にか夏になっていました。

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
クリンソウ

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
キマダラヒカゲ

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
Kさんと釣った川


五月晴れ

この間の木曜日、前日の雨から見違えるようなぬけるような青空、
絵に描いたような五月晴れ、旧暦で五月晴れというと新暦では6月梅雨の頃、
今は、新暦のほうで違った使い方が一般的になっていますが、雨の合い間にぬけるような青空いいですね!

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
五月晴れ

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
ホウの木の華

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
ルリタテハ


コウモリ

この間、梅雨の合間の晴れた日に、イブニングに出かけたら、川では上流でなにやらでっかい網を張っている人たちがいました。
時刻は6時半、後30分で暗くなるといった時刻、何をしているのですか?とそばでながめている女性に聞いてみました。
すると、私たちは環境庁の御墨付きをもらってコウモリの調査をしているものです、と腕章をひらひらさせてそういいました。
不思議に思ったのは短い時間に超音波を出して飛行するコウモリに、網にかかるという馬鹿な奴がいるのか、網を張りをえた男の人に聞いてみました。
やはり、暗くなるまででコウモリもユウターンして余りかからないそうです、それにしてもこの梅雨時に網を張る時間のほうが張っている時間よりも長いなんて、
と思ったのですが、その川で釣れるのかどうか日が落ちるまで釣りをやる人間を馬鹿だなーて、思って見ているようで。

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
なんだろー

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
葉っぱを食べる

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
ヤマシャクヤク


今年は寒いです、なかなか暖かくなりません。
キジバトの夫婦が餌を食べにやってきました。 

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
夫婦仲良く

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日



もう秋です

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「暑い暑いといっていた夏もいつの間にかいなくなってしまいました。
今は秋です、この後、木枯らしがうんと早く吹くのではないでしょうか?」


$ピュアティマスターのアウトドアな1日
ダイモンジソウ

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
アケボノソウ

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
トリカブト


キノコのメニュー

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「今日はお詫びとキノコ狩り延期についてお知らせします。
キノコがまだ顔をだしていないので、9月20日からキノコ狩りを10月1日に変更いたします。
また、本日よりキノコのメニューができました。
鹿が苦手の人はこの他にもシンプルにキノコご飯だけのメニューもございます。」


キノコのメニュー値段をお知らせします。

キノコご飯・・味噌汁・・漬物・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥800、-
キノコご飯・・岩魚の塩焼き・・味噌汁・・漬物・・・・・・・・・・・・・・¥1,600、-
キノコご飯・・鹿の煮物・・味噌汁・・漬物・・・・・・・・・・・・・・・・¥1,200、-
キノコご飯・・鹿の煮物・・岩魚の塩焼き・・味噌汁・・漬物・・・・・・・・¥2,000、-
以上のメニューにコーヒー頼まれると¥200、ーアップします。
どうぞ、秋のメニューをあじわいに来て下さい、お待ちしています。

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
ヌメリスギタケ

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
ヌメリスギタケ

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
キノコのメニュー


今月で禁漁

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。



「まだ、夏の暑さを引きずっていますが、今月いっぱいで禁漁です。
やはり暑さのせいか釣り人が少なく、トリカブトなどはいっぱい咲いているのですが、ブドウの実などはまだまだ青いです。」


$ピュアティマスターのアウトドアな1日
台風の後で

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
1つのポイントで2匹

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
青いブドウ


キノコ狩りⅠ

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「朝夕秋の気配がしてきました、キノコもそろそろいい感じになってきました。
9月の20日敬老の日から10月いっぱいの間キノコ狩りをやりたいと思います。
参加される方は4名以上10名以内であれば参加の日がいつでもかまいません。
参加したいと思われるかたは人数と日にちを教えてください、費用は¥3,000.ー(夕食込み)
参加される方は当日より最低3日前までに申し込みください。
わからない方はメールか℡0551ー48ー3386でお問い合わせください。」


$ピュアティマスターのアウトドアな1日
タマゴタケ

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
ヤマボウシ

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
秘密の川


8月も後二日

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。



「暑く厳しかった8月も後2日、9月になれば朝夕少しは涼しくなるのではないでしょうか?

9月になればキノコ狩りのシーズンになります。
今年は皆さんに御返事をもらったさい、毎年このシーズンになると行きたいのだけど日にちが合わなくて、という意見が多く寄せられました。
そこで、キノコ狩りの日を皆さんに決めてもらうという方法をとります。
詳しくは9月になったらこのメールでお知らせいたします。」


$ピュアティマスターのアウトドアな1日
イワタバコ

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
オダマキ

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
オカトラノオ


処暑

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「今日は二十四節季のひとつ処暑です。
昔からこの日を境に朝夕涼しくなるとあります、清里は朝夕は涼しくなりました。」


$ピュアティマスターのアウトドアな1日
夏の夕暮れ

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
葛の花

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
ミヤマカラスアゲハ


猫の里親募集

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「今日は東京の友達から頼まれたのですが、子猫を飼ってくれる人を探しています。
できたら、関東県内または清里方面、猫の里親になってもいいよというかたはご一報を!」


$ピュアティマスターのアウトドアな1日



夏のひと時

※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。



「毎日暑い日が続きます、こちらは朝夕だけ少しだけ涼しくなりました。
その暑さの緩んだとこへ毎朝りすが2匹で餌場にやってきます。
夏毛になり何だか涼しそうです。」


$ピュアティマスターのアウトドアな1日
夏毛の栗鼠

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
涼しげに

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
フリーズ


竜巻

30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。


「先週の月曜日、竜巻が発生しました。
発生場所は隣の川(藤沢川)の近辺です。
26日午後6時ごろ暗く温度も下がりました、気がついた時には風が吹いていました。
その風も今まで経験したことも無いような風でした。
うちの前にある栗の樹が風で今にも飛ばされそうになっていました。
1枚目の写真は近所の友達が撮った写真です、2枚目の写真は木の枝が白くなっている所が竜巻が通った後です、3枚目の写真が倒れた樹の写真です、他に多くの樹が捻じ曲げられて折れているのが多数見かけられました。
詳しくは27日の長野放送の番組にそのときの動画が見れます、野辺山の人がとった動画です。
竜巻(清里)でやると新聞各社の記事が見れます。」


$ピュアティマスターのアウトドアな1日
竜巻

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
竜巻の通った後

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
倒れた木


新世界

30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。



「先週の木曜日に裏の大門川へ釣りに行こうとしていたら、二人の釣り人がやって来て裏へ行くと言うので、せっかく裏へいこうと思っていたのに興ざめしてしまいました。
そこで、9月になったら行こうと思っていた川を思い出してそこへ行って見ようと思いました。
うちに来るお客さんで25cm以上の型を20匹以上釣れたと言っていたので、それが本当かまたオーバに言っているのであれば、それなりにいいかたを釣ったのだから初めての川みたいなもんだからといろいろ考えてそこに行くことにしました。
その川は19年ぶりに行く川なので渓相が全く違っていました。
昔の記憶を頼りに富士山の形をした岩は右岸に在るはずだったのが左岸にあり記憶も危ういものだと思いました。
川に入ったのは1時ごろ、どんどん上っていくと渓相も変ってきて今まで見た事無い渓相になってきました。
2時ごろにやっと大きいものに出会えました、この写真28cmがそうです。
その瞬間僕の頭にはドボルザークの新世界のフレーズがよみがえって、気分が最高潮に達しました。
その地点から上へ行くと水量が増えてきます、魚もそれに比例するように釣れました。
初めての渓では帰り道を確保をどうするか、時計を見ると矢のように時間が過ぎ去ってもう5時を指していました。
行く前の下調べでは左岸に林道が着いているのですが、30分ほど歩いてその道を探したのですが見当たりません、だんだん心細くなってきました。
5時半になると左岸の林道はあきらめ右岸についている登山者の道が有る筈なのでそれを探すことにしました。
藪の中を探していると、それらしき踏み後を見つけました、それを伝って前に進むとまた何本かに分かれています、おかしいなと思っていると鹿の群れが音を立てずに飛んでいきました。
なあんだ、人間の道だと思っていたのが鹿の道だったとは、困ってしまってどうすればいいか、方角さえ間違わなければ鹿の道も人間の道も同じだと思って進みました。
6時半に最初の入り口にたどり着きました、この日は7時から大雨が降りました。
雨には降られずこれが帰る途中だったらと考えると自然の力に頭が下がります。  
その日の付けが回って来ました、足が吊って痛くてどうにもなりません。
帰り道早く帰ろうとして自分の体力以上の力を使ったからでしょう、自分は若くないと十分思い知らされました。」

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
新世界

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
群れる

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
タマガワホトトギス