トップ > 焼肉いつものところ > トクさんの日記

焼肉いつものところの
トクさんの日記

 
湘南でトンビの襲来にあって食事が出来なくなった帰り道、地元新大久保で食事した。

昼は競い合うリーズナブルな韓流グルメが楽しめる。

たまには他店で食事&お勉強

9d8da06c.jpg

韓国家庭料理「キュウパキュウパ」 780円~980円でランチが楽しめる。

b59977c2.jpg

ユッケジャン
それほど辛くなく肉の風味が強かった。

040c7f56.jpg

そうめんのような「うどん」

9bbaf13b.jpg

キンパとトッポッキ
キンパが美味しかった。

fd14b711.jpg

私が食べた「辛鶏炒め丼」
すごーく甘くてすごーく辛い!





昨日、鎌倉へお墓参りに行って来ました。

そこで驚きの体験をしました。

一通り事が済んでビニールシートに7人が輪になって座り、お供え物を食べ始めたその時!

バサー!!と激しい音を立てて輪の真ん中に急降下して、更に急上昇して行く大きな物体!

一時湘南の浜辺で人の食べ物をかっさらって行くトンビのニュースを見たことがあるが、まさしくそのトンビの襲来だったのだ!

あっけにとられて一同空を見上げると、更なる急降下の体制に入ろうとしているトンビが2羽、いや3羽・・・!

これはたまらないと言うことで、即座に食事を中止して片づけて帰る羽目となった。

いやぁ~びっくりした~。怖かった~。


視界が曇っている。

少し窓を開けていただけでテーブルがホコリっぽく、拭くと布巾が真っ黒になる。

黄砂や花粉だけではなさそうだ。対岸の火事だと思っていた汚染物質がとうとう自分にも降りかかって来た。

降って来た雨で少しでも収まってくれれば良いのだが・・・。


新谷仁美

今日初めて新谷仁美を知った。

実力、ルックス、驚くほどの陽気なキャラで大衆を引き付ける。

陸上人気が再び高まりそうだ。

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日



始めて4日目のスクワット。

実は今の自分にとって絶対に毎日やらなければならない課題だった。

秋に釣りに行った際利用しようとした和式トイレに、何としゃがめなかったのである。

長い時間の立ち仕事が続いて膝が腫れて足がむくみ、股関節もぎくしゃくしていた。

とても週1回程度のボクシングの練習では追いつかないほど深刻だと実感した。

始めるのが遅すぎたぐらいだが始めて見るとすこぶる調子がいい。

同時に最近おろそかになっていたブルーワーカーも再開した。続けて来ていれば今頃マッ

チョになっていたのにと反省している。

とにかく健康の為に運動すると言う類のものではなく、運動しなければ足が衰えて生活に

支障が起きると言う、切実なものになっていると自覚する必要がある。


十条お勧めのお店を紹介している「十条自慢」
最近頻繁に更新しています。










私徳は、焼肉&韓国料理、ボクシングの指導、フライフィッシングの3つがライフワークであり自称「達人」です。ともすると本業の焼肉を通り越して脱線する事のある厄介な奴です。

十条を基点にこの3つのイベントを紹介して行きますので、興味のある人は参加したりコメントしたり見守ったり笑ったりして下さい。

必見!「徳のドン引き話」は、笑いネタ、暇つぶし、癒し?としてお勧めです。

一つでも同じ趣味を持つ方から読者登録をして頂いたら、即相互読者になります。

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日






 1箱 300円!30袋入り

当店「焼肉いつものところ」の2軒隣りの青果店で買いました。
300円で30袋入っていると言う事は、300円で1ヶ月分の健康が買えると言う事。
 


当店隣青果店の奥さんは台湾の人で、少し前までマッサージ店を営んでいらした。健康に良い食事や民間療法を良く御存じである。

玉ねぎをみじん切りにして白ワインに浸けて3日経ったら、その白ワインを飲むと高血圧に良いと聞き実行した。が、ついつい飲み過ぎて1回でなくなってしまう(笑)。

ある日奥さんが空港で知り合いのおじさんと待ち合わせをしたが、中々見つからない。すると、後ろから肩を叩かれたので振り向くと、記憶にあるツルツル頭のおじさんのはずが、髪の毛のボサボサしたおじさんに変身していたと言う。
驚いて経緯を聞くと、「生姜をカットした面を熱して軽くお酒につけて頭皮をこする事半年で髪が生えた」そうだ。

私も風呂上りに地肌がもろに目立つことに危機感が有っただけに、良い話を聞いたと喜んだ。

生姜のカット面を火であぶると焦げてしまうので、フライパンを弱火で温めたところに生姜を3つ位乗せてゆっくり熱しながら交互に使うと、温かさも持続されて使いやすい。
まだ始めて4日だが日課として半年は継続するつもりだ。


今日、当店自慢の「まきまき牛キムチ」をお持ち帰りで買って行かれた女性、めちゃめちゃ綺麗で可愛かった~!
どのくらい綺麗かって?
そりゃあ年に一人見るか見ないかってくらいですよ。


毎日食べに来てくれるお客さんに言われた。

私は「悪あがきしているだけですよ。」と答えた。

最近、まるごと苺アイス、バニラベリーアイス等のデザート、魔王、赤霧島、赤兎馬、紅酢ソーダ等の飲み物、スンドゥブチゲ、サプライズテジクッパ等の新メニューを扱うようになった。

店頭では、まきまきシリーズとしてオリジナル生地で巻いてサンチュに包んだビビンナムル、ビビンメン、カルビ、タッカルビ、牛キムチの販売を始めた。

店頭はテーブルに韓国のピダンと言う虹色のシートをかぶせて、窓ののれんもピダンにした。
韓国の音楽を流してチョゴリを着たキティの人形も数飾っている。店内は韓流スターやドラマのポスターでいっぱいだ。

以前よりも個性のある店になった。

劇的に経営が好転するとは思わない。

でもやれることは全てやって行く。


凄い!変!

新大久保の自宅近くで見た猫&犬

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日


$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日



家政婦のミタ

見逃していた「家政婦のミタ」の再放送を夕方見続けていた。

そして最終回、ミタが初めて微笑んだ場面でうかつにも泣いてしまった。

ミタの強烈なキャラが視聴者をクギ付けにして、最近にない人への恋しさ、温かさを身にしみて感じさせる良い作品だったと思う。

最近日本のドラマは面白くないと口々に耳にしていたが、現実離れした強烈キャラの主人公がいるとつい夢中になって観てしまう。


昨日、歌まね番組にミラクルひかるが出ていた。

私からすれば、歌まねで有りながら真似ている対象の歌手やタレントよりも、ミラクルひかるの方が魅力的だ。

こんな嫁さんがいて、定期的に姿や声、しぐさをを他の人に変えて接してくれれば、だんなは隣の芝生が良く見えたりつまみ食いしたくなったりと言うことが一切なくなり、平和な家庭となることだろう。




たいやき一代様、それとイケメンのおにいさん、いつも御利用ありがとうございます。


引き続きたくさんのお客様の御利用お待ちしております。

サプライズ・テジクッパは当店オリジナルメニューです。

サプライズ・テジクッパには青唐辛子が一本細かくして入ってますので、あったまるどころか汗までかきます。

ちなみにテジクッパには青唐辛子が入ってません。テジとは豚のことです。

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
サプライズ・テジクッパ 12月30日まで700円→380円!12時~17時まで


招き猫

2代目招き猫です。
$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日

この辺の野良は野生的で、人間が触れようとしても逃げてしまって決して触れさせませんが、この子ニャンコは珍しくお手をします。
$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
オーソドックススタイルからジャブのようなお手をします。

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日
ちなみに1代目招き猫はこの2匹でした。


本文 昨日帝京大学前の薬局御一行11名様が、黒毛和牛づくしコースをお召し上りになりました。

●前菜
前菜5品盛り(ミョンテ、チャンジャ、焼き海苔、えごまの葉醤油漬け、ニンニク甘酢漬け、岩海苔カリカリ和え)
トウフサラダ、キムチ3品盛り、ナムル、チヂミ、トッポッキ、チャプチェ

●焼肉
上タン塩、佐賀伊万里牛特選カルビ(塩、わさび)、京都産シャトーブリアン、京都産リブロース、サーロイン焼、上ハラミ、佐賀伊万里牛特選カルビ(たれ)

●食事
鍋入り炎のユッケジャンメン

その他お飲み物とデザート類

幹事さんは「みんな美味しいって感激してました」と喜んでらっしゃいました。

本日は京都産シャトーブリアンが絶品で、京都の職人気質とプライドを感じさせてくれました。
素焼きでトリュフ入り塩とステーキソースにつけて食べて頂きました。

$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日



ニャンコ通り

店の周辺には猫が実に多い。

ドアのガラス越しに遊びに来たり、横の路地に多い時は15匹程がたむろしている。
ジッと目と目が会うと、お座りしたり色目を使って餌をねだったりする。
一度餌を与えて見ようと1匹に手招きしたら、5匹が後をついて来る。飲食店なので猫が入り口を塞ぐ様になっては困るのでやめた。

この前、ベージュ色で顔が黒い珍しい子猫がお食事中だったので、目の前にしゃがんでジッと見ていたら、一緒にいた兄弟の黒猫がその場を離れて親猫を連れて来た。親猫はベージュにキスをしてグルリと周りを歩きながら「私の大切な子だからね!」と目でうったえた。賢い兄弟の黒猫は魔女の宅急便」に登場する黒猫そっくりでこいつも可愛い。
今度、ベージュと黒を見つけたらそっと餌を与えて友達になろうと、ポケットに干しダラをしのばせているが、中々会えないでいる。


ちびにゃんこ

いつも夜になると店の前に遊びに来ます。
$「焼肉  いつものところ」マスターのアウトドアな1日



$ピュアティマスターのアウトドアな1日
ピュアティのある十条から東十条に向う演芸場通り沿いにあるメガネ店

$ピュアティマスターのアウトドアな1日

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
レンズ付きで3.675円とお得なメガネがズラリと並ぶ。

$ピュアティマスターのアウトドアな1日


$ピュアティマスターのアウトドアな1日
ちょっとした修理は無料でやってくれる店主の優しさが魅力。

$ピュアティマスターのアウトドアな1日
ご主人は私の好みを理解して、とっておきのメガネフレームを取り寄せて見せてくれた。今でも私のお気に入り。

こう言う良い人のお店がもっと繁盛して欲しいと思う。
メガネセンター十条東店 TEL 03-3907-3025


新大久保駅前で焼肉屋をやっていた20代後半の頃、衝撃的な出来事が有った。

深夜、店には女性客が一人、ホールにアルバイトの韓国の男子留学生が一人、私は厨房にいた。
中年女性客は悪酔いしたらしく独り言をブツブツとしゃべったかと思うと、ジーっと厨房の私をにらんだりしていた。ここまではよくあることで気に留める程の事では無かった。女性客は席を立ってトイレに行った。

暫くしてアルバイトの子が突如「うわぁ!うお~!!」と叫んだので何事かとホールを見ると、トイレから戻って来た女性客が下半身スッポンポンのまま立って無表情でこっちを見てる。
私は驚きながらも気を落ち着かせて、何をしているの?早く服を着るようにと即したが、酔っているのか一向に聞く耳を持たないで立っている。

仕方が無いので110番に電話した。
数分後、おまわりさんが大勢ドドーッと店に入って来た。二人位で済む筈なのに7人もいる。おまけに楽しそうである。

警察官に言われる通りに服を着て会計を済ませた女性は私に向って「いい男面して警察呼びやがって!」とはき捨てるように言って店を出て行った。
警察官もぞろぞろと店を出て行ったが、帰り際責任者らしき警察官が私に向って笑いながら一言、「どうせならもっと若くて美人なら良かったのにな!」



みなさんいかがお過ごしでしょうか?
きっとア~シテコ~シテ楽しんでるんだろうな~・・・うらやましい!

私は店がたいして忙しくも無いのに力不足で相変わらずパニクッてます。
昨日も「ソルティドック一丁!」の声に「トリテイショクはランチメニューだからこの時間はやってないよ!」「ソルティドック!」「だからトリテイショクは・・・」てな調子です。遊びに行きてえ~!



次男坊とファミレスに行った。
しばらくメニューを見ていた彼は注文する料理が決まったらしく、ウェイトレスを呼んでメニューを読み上げた。
「さっぱりじゃ! このスパゲティ ください。」

最近はおもしろいネーミングのメニューが多い。私の店にも、<炎のユッケジャン麺>、<燃えるキムチチャーハン>、<ザ・スジ>等が有るし、以前は面白がって豚足を<ハイヒール>とメニューに書いた事が有った。

息子の注文を聞いたウェイトレスの様子がおかしい?!・・・そう、先日<マッコリ>の事を<モッコリ>と注文された時の私の顔!あきらかに笑いをこらえている。

私は息子が手にしているメニューをとり、同じところに目をやった。
「さっぱり じゃこの スパゲティ」
二人で笑い泣き。さすが俺の息子・・・。
$ピュアティマスターのアウトドアブログ



韓国のどぶろく、濁り酒を「マッコルリ」と言う。発音がしにくいので通常「マッコリ」で通っている。
私が主催している青空倶楽部の忘年会でも、すっきりして飲みやすいと好評だった。
この前ボクシング後援会の忘年会で翌日の仕事を考えてチャンポンを避けて誰も飲まないので、飲み心地が良いのにまかせて一人で1本空けてしまった。ところが翌日力が沸いたようにすこぶる体調が良い。米系のせい?

ある日馴染みのお客さんである御婦人が男性2人と食事をしていて、カウンターに座っている私と目が合い飲み物を追加して来た。
「モッコリちょうだい!」
「!!・・・」
この奇襲に私は驚きと困惑でリアクション出来ず固まってしまった。瞬時に隣のガラスに映った自分の顔を見た。唇は噴出すまいと尖らせたまますぼめ、驚きで丸くなった眼、ヒョットコそっくりだ。
(平常心、平常心)・・・深呼吸をした私はタイミングを見計らって厨房に向って小さな声で伝えた。
「マッコリ1本追加です。」
だが運の悪い男の定めなのか、こう言う時に限って御婦人席の会話が偶然とまり、聞こえてしまった。
御婦人はお酒を飲んで赤らんだ顔をさらに赤らめながら私に言った。
「やだ~!恥かかせないで!!」



2007年1月に始めたコラーゲン丼(380円)は同年10月に終了した。沢山出てくれなければ採算が取れないからだ。

売り出しの初日に面白い出来事が有った。
当時の日記

『私は最近、老化現象との戦いで苦労をしている。
先日も定期健診でコレステロールが多いと言われたホール係のおばさんが、その事ばかり気にして仕事中言葉にならない言葉を発している。「マスター、それはあれなのよ。」「それってなに!あれってなに!」皆さんも喋る時は落ち着いて単語をしっかりと思い浮かべて喋らないと、老化が促進されてしまいますよ。

その日はかねてから準備してきた「コラーゲン丼(牛スジ丼380円)」を始めた初日だった。でもなかなか注文に至らない。そんな矢先「店頭に380円の丼ぶりが有ったけどあれ何?」と言う御婦人たちの声!(注文が来るな。)と耳を澄ますと「コレステロール丼のことですね。」と、うちのおばさんの答え!私は一人厨房の中で笑い泣きしながら「注文が来るわけ無いよな~」と呟いた。』



最近数日間イライラしていた。

信頼していた米屋の米が炊き上がった途端から色が黄ばんでるのだ(-_-;)
つまんで食べてみると色に反して甘みがあって美味しい・・・。でも客商売で黄ばんだ米を出す訳にはいかない。
「肉の品質と鮮度に神経使うのが精一杯で、米の問題でおたくとイタチゴッコするほど暇じゃ無い!」
頭の中ではすでに業者を責めるセリフまで浮かんだりしていた。
翌日、今度はいつもより念入りに米をといだ。よ~くゆすいだ。そして炊いた。炊き上がりは・・・やっぱり黄ばんでる !(☆_☆)! 「クッソ~!」
すると隣で「メガネのせいじゃないの?」と言う声。
「ハッ!」最近作ったお気に入りのメガネ。茶色のレンズでミラー反射するやつ。普段は哀川翔を気取り、ひげをのばした時はラッツ&スターの鈴木雅之気分にさせてくれてる・・・。
・・・メガネを外して炊けたご飯をもう1度見た。
真珠のようにツヤビカリした真っ白なご飯だった!
こ、これって天然?!(><)ゞ



その5 紀ノ川のナマズ

紀ノ川での釣り
渓流の話では無いが、聞いた後に何とも爽快な気分にさせてくれる話である。
私の友人の秋君が、親戚の事業を手伝いに和歌山県で暮らした頃に、実際に見た出来事である。
親戚の事業とは金融会社で、秋君はそこの店長として暇な毎日を過ごしていた。ある時、定休日を利用して社員達と紀ノ川で釣りをしながら、のどかな一日を過ごしていた。釣れても釣れなくてもいいやと起き竿にしておいたのが突然しなり始めた。大騒ぎの後に釣れた予期せぬ獲物は真っ黒いナマズだった。さっそくその足で会社に行き、使っていなかった大きな水槽を取り出して、ナマズを入れた。
 
ナマズの災難
次の日出社すると、社員の一人が近くの熱帯魚屋で小さくて綺麗な魚を沢山買ってきて、ナマズのいる水槽に入れた。ところが、水槽に入れた途端に小さな魚達がナマズめがけて一斉に襲いかかっていった。そう、その小さな魚達とは何とピラニアだったのです。ナマズにとってはとんだ災難でした。ピラニア達は急降下して噛み付く奴もいれば、スト-カ-のようにつきまといながら突っつき回す奴もいましたが、いかんせん小さいのでナマズはすぐに弱ってしまう事は有りませんでした。ナマズはと言うと、慌てて暴れるそぶりもなく嫌がって逃げる事もせず、目だけをギョロつかせながら動じないその姿には見習わなければいけない威厳が漂っていたそうです。それでもピラニア達に噛み付かれたところは黒い皮が剥げて白くなっていたり、ひどいところは白い糸くずを引くように皮膚がボロボロになっていました。「こりゃあかんのう。明日は骨だけんなって浮いとるわ。」社員達はナマズを気の毒に思いながらも、誰一人紀ノ川まで帰しに行こうという、既得な考えを持つ者もいないまま全員が退社してしまった。

怖いもの見たさ
翌日、出社した社員達はドアを開けて入るたびに、真っ先に水槽に目をやった。まさに”怖いもの見たさ”である。そして誰もが「ウオ-ッ!」と仰天して声を上げた。そこには骨だけになったナマズの見るも無惨な姿では無く、元気に泳ぐナマズの姿しかなかっのである。ピラニア達は全てナマズのおなかの中に収まってしまったのです。夜行性のナマズさんは夜をジ-ッと待って、一気に逆襲に出たわけです。それからというものは、社員全員がこのナマズを”先生”と尊敬し、朝、夕の挨拶も欠かさなくなったそうな・・・。



その 10 お姫様

東北は福島県南会津に、桧枝岐と言う昔平家の落人が隠れ住んだ事で有名な村がある。
春に同じ南会津の湯野上温泉にある鶴沼川に、友人と3人で釣りに行った時だった。
渓流脇で畑仕事をしている若い婦人、菓子パンやコーヒーを買いに入った雑貨屋のかみさんも一様に綺麗である。
「ここは桃源郷だな。」「きっとここも桧枝岐と同じで、先祖は平家のお姫様達だぜ。」

そんな話で盛り上がりながらポカポカ陽気の渓流沿いの道を歩いていると、今度はセーラー服の可憐な女子高生が二人自転車で近づいてくる。
二人とも色白でハッキリとした目鼻立ち、大きな瞳に吸い込まれそうだ。ニコッと微笑み、手を振りながら「ようこそ、湯野上へ」と確かに言った。
我ら一同.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル
都会では絶対にありえない出来事である。となりの友人は何を勘違いしたのかポケットからお札を出そうと慌てている ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
女子高生二人は、こちらが見えなくなるまで、振り向いては手を振り続けて去って行った。しばらく歩くと「インターハイ開催!」と書かれた大きな看板が所々で目に付いた。地元一丸となって夏のインターハイ開催を成功させようと頑張っていて、女子高生達もオヤジ3人に手を振って微笑んでくれた訳だ。

タバコが切れたので一同タバコ屋へ。
お姉さんが出て来て、あまりの美しさにこれまたビックリ! w(゜o゜)w w(゜o゜)ww(゜o゜)wオオー!
いくぶん彫が深くて、スッピンなのに化粧をしているように見える。切れ長な流し眼からニコリと見つめられて、その色気にオヤジ3人金縛りに会った様に横一列に整列してしまった。┏| ̄^ ̄*┏| ̄^ ̄* | ┏| ̄^ ̄* ||
ゴクリとつばを飲み込む音を立てた友人が、マイルドセブンとセブンスターの並ぶ棚を指差して「タバコ下さい」と言った。
お姉さんは、何かをたくらんだようないたずらっぽく怪しい眼でわれら3人を見回した後、低い声でゆ~っくりとこう言った。
「ま・い・る・ほ~お(参る方)?ま・い・ら・な・い・ほ~お(参らない方)?」
整列したオヤジ3人打ち合わせをしたわけでもないのに、一斉に
「マイルド(参る方)セブン~!」と答えていた。\(。・_・(。・_・(。・_・。)ノ



その9 変人集合(3)

2002年3月1日、フライフィッシングのエキスパートしばた和氏の事務所を訪ね、マテリアルとリ-ダ-とティペットを仕入れた。
その日の夜、さっそく通販責任者の「変人J」君に持って行った。
変人は満足そうに販売用と自分用を区分けした後、耳を疑うような一言!
「今日はこいつと風呂に入る」
「え?!」
私は彼の手元にあるリ-ダ-を確認するように見つめながら、「な、何で?」と聞いた。
「ス-パ-フロ-ティングリ-ダ-と言うぐらいだから、どのぐらい浮くのか確かめる」
私は変人の顔をじ-っとのぞき込みながら、恐る恐る質問した。
「今まで他のどんなものと風呂に入ったの?」
変人は自慢げに答えた。
「ヘア-ズ・イア-ニンフ」
「な、何で?」
私はリアルというよりも”そのもの”であるウサギの耳から毛を引きちぎりながら作るそのニンフと一緒に風呂で遊ぶ彼の姿を想像しながら、オカルトの世界に引きずり込まれないようにと祈った。
変人は、「風呂の中でニンフのヘア-が水流にもまれてどういう風に揺れ動くのか見たかった」
「どうだった?」
「ベチャ-ッとしてて、ち-っとも分からん。魚しか分かんね-よ。わっはっは!」
変人がフライを始めたのは、私が連れて行ったのがキッカケである。私はあまり意識していないが、たまに私のことを”師匠”と呼ぶ。だが私はこの日、彼が私を完全に追い越して”行ってしまった”事を痛感した。



変人S君は、フライタイイングの達人である。
彼の巻いたフライは完璧な物ばかりで、管理釣り場でインストラクタ-をしているエキスパ-トと呼ばれている人までもが、ボ-ゼンと見とれてしまう程である。
ある日私は彼が釣り場に持って来たテレストリアルフライが、何時にもましてリアルなことに注目した。その怪しげな艶と質感はどう見ても本物のように見えた。
「これ、何見て巻いたの?」 
「家にいたゴキブリ・・・うそうそ!殺してないよ-まさか-」
「・・・!」 
私は彼の家にはゴキブリも蚊も少なくなってると確信した。